☆旅の装備
 ひとくちに装備と言っても、数日の旅と1年以上の旅では違ってきますね。ツアーに参加するのであれば、代理店が携行品を抜かりなく教えてくれるだろうけど、長期になるとそうはいかない。これは持っていこうか、あれはどうしようか、とあれこれ思案するのも旅の楽しみだけど、無駄なものは持って行きたくない。また、持っていかなくても、現地で安く買える物もある。

 あまり気にせず持っていきたいものは持っていった方がいいんじゃないかなって僕は思う。人によって必要な物は違うしね。旅の途中で、いらない! って思えば、現地の人にあげればいいだけだしね。

 僕の3年半の旅の所持品は以下の通り。海外でなかなか手に入らないものは、耳かきとトランクスタイプのパンツだった。

バックパッカー関係バイク・キャンプ関係
バイク用ジャケットホンダXLRバハ250cc
バイク用モトクロスパンツヘルメット
ザックバイク用ブーツ
荷物盗難防止用南京錠小6個ヒザパッド
バンダナバイク用グラブ
腕時計インナーグラブ(防寒用)
貴重品入れ3つ雨具
パスポート&コピーキー&スペアキー
米ドル現金&トラベラーズチェック国内免許証&国際免許証
お守りバイク国際登録証
トラベラーズチェック購入控カルネ(バイクの税関通関書類)
イエローカード(黄熱病予防証明)容量60リットルバック(バイクに載せる)
海外旅行保険証ゴムコード(荷物固定用)
パスポート用写真数枚ザックカバー(雨用)
黒ボールペン&予備バイクのサービスマニュアル
赤ボールペンバイクのパーツリスト
防水マッチバイク整備メモ帳
100円ライター2本盗難防止用ワイヤーロック
アーミーナイフぞうきん
電卓テント
携帯コンパスブルーシート(テントの下に敷く)
携帯温度計ストーブ
メモ帳防水袋コッフェル
各地の地図塩・コショー
旅行ガイドブックスパークプラグ5本
旅行会話集プラグキャップ
世界一周計画ノートイグニッションコイル
日記帳CDIユニット
メモ帳前タイヤチューブ
便箋・封筒クラッチ・ブレーキレバー
旅先での出会帳アクセルワイヤー
携帯用英和辞書クラッチワイヤー
カメラバッグスピードメーターケーブル
簡易三脚オイルフィルター10個
カメラ一眼レフ&レンズ1本前後輪ブレーキパッド
レンズクリーナー&ブロアフロントホイールスポーク3本
ポジフィルム60本リアホイールスポーク3本
フィルムX線感光防止鉛袋4つフロントライトバルブ
カメラ電池予備ウィンカーバルブ
水筒1.5リットルリアストップランプバルブ
ろうそく空気入れ
タオル&石鹸むし回し
ひげカミソリ&替え刃サンドペーパー
ハブラシ&歯磨き粉ゴムのり&パッチ
トイレットペーパーパンク修理用バイクスタンド
スプーン&フォークガムテープ
寝袋針金
Tシャツ2枚荷札用針金(キャブ清掃用)
パンツ3枚2液性エポキシ接着剤
靴下3枚チェーンオイルスプレー缶
ジーパン1枚液体ガスケット
スニーカー1足モリブデングリス
ポリプロピレン製長袖下着24mmメガネレンチ・タイヤレバー
海水パンツ10・12・14・17mmメガネレンチ
洗濯用洗剤8mmスパナ・メガネレンチ
毛抜き14・17mmスパナ
耳掻き10・12mmスパナ
裁縫用針&糸5・6mmヘキサゴンレンチ
爪きりタイヤレバー
目薬プラスドライバー
バンドエイドマイナスドライバー
解熱剤3回分プライヤ
マキロン消毒液ニップルレンチ
減菌ガーゼプラグレンチ
クロマイP軟膏(抗生物質)シックネスゲージ
胃腸薬10回分カッターナイフ





☆旅のお金
 ツアーや短期の旅だったら、日本でお金を稼がなければならないけど、長期の旅なら外国で働くという手もある(観光ビザで働くのは違法になるので注意)。

 ただ、外国で働いてもあまり稼げないのが実情だ。外国で働くメリットは、通り過ぎるだけの旅では見えなかったことが見えたり、語学の勉強になったりすることですね。

 以下は僕の3年半の旅の費用です。オートバイの旅は、バックパッカーのそれよりお金がかかります。特に僕の場合は、バイクのパーツや修理関係で人より使っているみたい。

 実際のところ、3年間のオートバイ世界一周の旅で、500万円がひとつの目安になると思います。

 バイク、自転車、バックパッカーの旅とも、日本に住んでいるより安く旅ができます。日本にいると1年200万円くらいは使ってしまうからなあ。 

各国ビザ代17万円
ガソリン6450リットル43万円
食費・雑費54万円
宿泊費69万円
通信費(郵便・電話・国際宅急便)22万円
写真のフィルム・現像代23万円
観光費(うち、南極観光で23万円)30万円
旅行保険12万円
カルネ(バイク通関書類費)16万円
飛行機・フェリー代57万円
バイク大陸間輸送費46万円
バイク新車代40万円
バイク改造代17万円
バイクパーツ・メンテナンス費100万円
その他96万円
合計642万円


inserted by FC2 system