僕は海外の旅で139の温泉に入ってきました。ぬるくて風呂といえないものも多いのですが、中には日本のそれを越えるような優れた温泉もあります。139の中から僕の主観で海外温泉ベスト10を選びました。その他の温泉は、それぞれの地区をクリックして見てね。

北米 中米・南米北部 南米南部 西欧 ギリシャ・東欧 オーストラリア
東・西アフリカ 南アフリカ 南アフリカ共和国 トルコ 中近東・南アジア 東・東南アジア




Riard River Hot Springs  (北米)
 入浴  1996年6月5日
 国名  カナダ
 町名  Riard River Hot Springs Park in British Columbia
 施設  川と池
 料金  無料

 アラスカハイウェイ沿い、ユーコンテリトリーとの州境に近い。川が天然の温泉。川底の源泉湧き出し口はかなり熱いが、離れると一気にぬるくなる。少し離れたところに丸い池がありそこも温泉になっているが、こっちは深くて足が着かず落ち着かない。着替え所があり(ここでは水着を着るのがマナー)無料ながら施設がしっかりしている。野趣満点で森林浴も同時に楽しめる。

Banos del Inca  (ラテンアメリカ)
 入浴  1996年11月22日
 国名  ペルー
 町名  Banos del Inca
 施設  Los banos del Inca
 料金  4ソル(157円)

 インカ文明の皇帝アタワルパも入ったというので、インカ版・信玄の隠し湯みたいなものだろう。風呂はA〜Cとランクつけがあるが、料金はほどんど変わらない。僕は最上級のTuristasに入ったがそれでも4ソルだ。個室なので水着は不要、湯船は人が入れ替わる度に掃除しているので清潔、しかも湯はガンガンに熱い。温泉プール(piscina)は1.5ソル(60円)と安いが、ここはケチらずリッチな気分を味わおう。アンデスの町カハマルカから5キロ東に行ったところで、バスも頻繁に出ている。

Antarctica Hot Springs  (南極)
 入浴  1997年1月27日
 国名  南極
 場所  Deception Island
 施設  海岸
 料金  無料

 おおぅ、なんと南極に温泉が・・・・・・。正確に言えば、南極大陸にではなく島に湧いているのだが、勝手に南極温泉としておく。ビーチが温泉になっており、波打ち際は海水が温かい。湯気が立っており、砂浜を掘れば温泉だ。出てくる湯は触れないくらいに熱い。指宿の砂湯に似た極上の温泉だ。浜辺に寝っ転がるとポカポカして幸せな気分になる。

Ocna Mures  (ヨーロッパ)
 入浴  1998年9月5日
 国名  ルーマニア
 町名  Ocna Mures
 施設  Baile Sarate
 料金  8000レイ(107円)

 アンティークな建物の共同浴場で、湯は緑色の超ウルトラ強塩性。湯の出口には分厚く結晶した塩がこびりついている。塩分が強いため肩までつかれず、どうしてもプカプカと浮いてしまう。そのため、入っている人たちはピョンピョンと飛べはね、肩まで浸かったり浮いたり。傷口はとてもしみるし、顔を洗うと目があけられなくなる。スチームサウナもあり、雰囲気がとてもいい。

Mawira  (アフリカ南部)
 入浴  1998年4月21日
 国名  マラウィ
 町名  Nkhotakota
 施設  川
 料金  無料

 マラウィ湖畔の町ンコタコタから数キロ。写真の大釜のところまでバイクで行ける。この大釜を見た瞬間、湯船に違いないと思ったが、なんと洗濯場だった。水が貴重なアフリカでは、湧いたお湯は真っ先に飲み水や生活用水に使われる。入浴の温泉はここからちょっと坂を下った川だ。湯はとても熱く、僕好みの天然温泉だった。

Magadi  (アフリカ北部)
 入浴  1998年6月6日
 国名  ケニア
 町名  Magadi
 施設  Magadi湖畔
 料金  無料

 ナイロビから南西に110キロ、マガディ湖畔にわく。人気がないところで場所はとてもわかりにくい。掘れば湯が湧いてくるので、自分で湯船を作る。寝湯でなんとか浸かれる程度だが、このような原始温泉にめぐり合うと、オーッと地平線に向かって叫びたくなる。付近はフラミンゴが多くバードウオッチングにも最適。湯は強塩性で乾くと身体が白くなる。

Haymana  (西アジア・中近東)
 入浴  1998年10月15日
 国名  トルコ
 町名  Haymana
 施設  Kaplica Isletmeleri
 料金  200トルコリラ(88円)

 アンカラの南南西70キロの共同湯。採光がうまくなされた明るい浴室に白い大理石? が映える。湯は熱く、浴槽の底も深い。この地区ではお気に入りの温泉が多く甲乙つけがたいのだが、ここは主観をバリバリに入れ、海外温泉100湯目となり思い入れが深〜いハイマナ温泉に決定。

Manikaran  (南アジア)
 入浴  1998年12月15日
 国名  インド
 町名  Manikaran
 施設  共同湯
 料金  無料

 避暑地マナリーに向かう幹線道路のkuluの町手前の分岐を右に折れる。ダートが断続する細い山道を35キロ進むと閑静な山あいの町マニカランに出る。安宿にも温泉があるが、それに満足せず共同湯にも足を伸ばそう。インド人は沐浴感覚で、湯船の中で身体を洗うのでちょっと湯は汚いが、ここではインドの文化を垣間見ることができる。町中ではあちこちから湯煙が上がり、どこからかカランカランとゲタの音が聞こえてきそうな雰囲気だ。

Chae Son  (東南アジア)
 入浴  1999年3月24日
 国名  タイ
 町名  Chae Son National Park
 施設  
 料金  20タイバーツ(65円)

 チェンマイ南東の町Lampangから1035号を北へ80キロ。国立公園内で個室の入浴施設がある。コテージ風の個室で、内装は日本風、浴槽も大きく、湯は褐色、温度もちょうどよく、◎、◎、◎。

Dougras Hot Springs  (オーストラリア)
 入浴  1999年7月6日
 国名  オーストラリア
 町名  Dougras
 施設  川と池
 料金  無料

 ダーウィンから南に200キロ、ダグラス川近くの天然温泉。源泉は池になっており、ここから川になってお湯が流れ出している。川の方は当然ぬるめで、オージーたちはこっちで浸かっているが、日本人は池に行こう。もちろん、足はつかないが、湯はかなり熱く長湯はできない。乾季に行けば毎日、すばらしい星空を見ながらの入浴が楽しめるだろう。



inserted by FC2 system